聖なる樹のヒプノセラピー物語      

マインドブロックバスター(43)

以降、ママは電車に乗ると、「何か気になること、ないかなあ」
って探したりなんかした。(笑)

あ、あの人、満員電車の中で足を組んで、邪魔じゃない?
とか、
自分の荷物を隣の席に置いたら、他の人が座れないんじゃ
ない?
とか。

そして、片っ端から解除してみた。

ママ: そしたら面白いことに気がついた。
 ウォークマンの音洩れにしても、足を組んでいることにしても、
 「人の迷惑になるのに」って思ってたけど、周りの人を観察
 すると、殆ど誰も気にしてない感じなんだよね。

 つまり、「気にしている自分」がいるだけなの。(笑)

 だから、気にならなくなれば、当然、心が軽くなるわけだよね。

でも、なんでマインドブロックバスターをやると、「気になる」もの
が、「気にならなく」なるんだろう?

ほかのバスターさんたちをみても、みんなどんどん気になるも
のを解除して、手放して、心が軽くなっている。

でも、なぜ?

そんな「魔法の杖」みたいなものが、この現実にあるわけ?

そこがわからなければ、ただ「軽くなる」なんていっても、
「3分で解除できる」といっても、胡散臭いと思われるだけ。

実際にやった人は自身の効果に驚き、「これはいい!」って
言うけど、やったことのない人にはどんな風に説明すれば
納得してもらえるんだろう?

ママがそんな風に考えていたある日。

答えを持つ人が現れた。

PageTop