聖なる樹のヒプノセラピー物語      

マインドブロックバスター(62)

ヒプノもそうなんだけど、マインドブロックバスターでも、同じ
テーマを抱えたクライアントさんが立て続けに来る。

ママ: 最初の頃は、「人の役に立ちたいんだけど、自信が
 ない」とか、スピリチュアルな仕事がしたいのに、いまひとつ
 その世界を信じきれない」と言う人達がやってきたの。

そのブロックを見ていくと、ほとんど原因が同じ。

ママ: 過去にヒーラーだったとか、魔女だったとかいう過去
 世があって、そのときに迫害されたり、魔女狩りにあってい
 たり、化け物扱いされたり。

それゆえ、今生で自分の能力を発揮すると、また同じような
目にあうのではというおそれが潜在意識の中にあるのだという。

あるいは、そのときの傷ついた心が今生の縛りになっていたり。

私: それなのに、今生でまた同じお仕事をしたいの?

ママ: うん。 迫害されて、ショックで自分の能力を使うことを
 途中でやめちゃった人が多いの。

 そうすると、そのときの人生が終わって魂だけの存在になる
 と、後悔するんだよね。

 「ああ、なんで中途半端なことをしちゃったんだろう!
 もっともっと、たくさんの人を救えたのに!」ってね。

 それで、今生でやり直したい、って決めて来てるの。

 だけど、過去世のブロックが足を引っ張るわけ。

マインドブロックバスターをやると、虐げられた過去世が次から
次へと芋づる式に出て来て、ママはそれを片っ端から解除
していくのだという。

ママがインストラクタ-になって、最初に養成講座を受けてくれ
たYさんも、そんなひとりだった。

「シータヒーリングを習ったんだけど、
”イメージを見る” ことでつまづき、”見えるようになりたい” 
という悩みをみってMBBを受けに来た。

初対面の印象は、
「うわあ、この人、能力が高そう!」だった。

後日、ママの第一印象が「当たり」だったことがわかるんだ
けど。 (笑)


PageTop