聖なる樹のヒプノセラピー物語      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

マインドブロックバスター(68)

第1回目の養成講座を受講してくれたYさんが
最初にMBBのセッションを受けに来てくれたとき。

悩みは、
「シータヒーリングを習ったんだけど、
”イメージを見る” ことがうまくできない。
”見えるようになりたい” 」だった。

彼女が帰った後、ヒプノを教えている生徒さんが来た。

来るなり、
「マサコさん、昨日不思議な夢を見ちゃったの~。でも意味が
分からなくて」と言った。

こんなときはたいてい夢を紐解く必要があることを知っている
ので、ママは早速リーディングしてみた。

ママ: そしたらね、その夢が伝えたかったメッセージは、
 「深刻にならずに柔軟に」
 
だったの。

 そのメッセージを受け取った瞬間、Yさんのことを思ったの。

Yさんは、「観るのが苦手」と言っていたけど、「感じる能力」
はすばらしく高かった。

帰宅後もメールをくれて、
ママのセッションルームから見える姫しゃらの木や、
うちのワンちゃんに話しかけてみた、と教えてくれた。
IMG_0340_convert_20140730104803.jpg


IMG_0112.jpg

つまり、テレパシーで植物や動物と話ができるのだ。

だから、
「感じることはできるんだけど、観るのは苦手」と深刻に捉えず、
「観るのは苦手だけど、感じることはできるの!(*^_^*)」と
柔軟に考えればいい!

ママ: 私たちはつい、「できないこと探し」を
    してしまいがち だけど、
   「今できていること」にフォーカスして、
   その力を もっともっと高めていくのも
   いいんじゃないかなあって、思うの。

 そして、そのことによって、ほかの能力が開花する場合も
 あるって、聞いたことがある。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。