聖なる樹のヒプノセラピー物語      

マインドブロックバスター(73)

ママ: 涙が止まらなかった。
 安堵感で・・・。胸のつかえがとれた気がした。

そして、その後、どうなったかって?

ママ: (笑) 早口が治ったの。

スピリチュアルな話をしているときに、「早く話さないと!」って
いう得体のしれない焦りがあったんだけど、それもなくなった。

ママはヒプノセラピーをやっているので、過去世のときの
思い残しが現世にどれだけ影響しているかを知っている。

ママ: その思い残しを、このタイミングでYさんが解放して
 くれることになってたんだねえ。

そして、そのように計らってくれたのは、きっと百日紅の樹だ
と思った。

ママ: 百日紅の樹は、うちの姫しゃらの木と知り合いだった。
 それにね、過去に洪水で流された樹のこともね、百日紅は
 知ってたの。

だから、ママを助けてくれたのだった。

私: なんで知り合いってわかったの?

ママ: 百日紅に直接聞いたから。(笑)

Yさんのブログに百日紅の樹の写真が載っていたので、
こちらを見てね。とってもすごいエネルギー!)


 本日、 東京ビッグサイト「癒しフェア2014 in TOKYO」に企業出展しました。 
     「ブログの読者です」とお越しくださった方々、本当にありがとうございました。 

写真12

PageTop