聖なる樹のヒプノセラピー物語      

マインドブロックバスター(77)

行者は呆然とした表情で立ち尽くしていた。

自分の気持ちをどう整理すればよいのかわからない、という
感じだった。

彼は、どうしても悟りを得たくて、その思いを止められなくて、
家族を捨てて、修行の道に入ったのだった。

両親にも、妻にも、子供にも、
「すまない、許してくれ」と、心の中で詫びながら・・・。

それなのに・・・・。

「もう、修行は終わった」と告げられて、
彼はショックを受けた ようだった。

ママ: でね、次の「ブロック解除」の場面を見に行ったの。

  そしたらね、滝行をする岩場のそばに、ぽんっ、と小屋が
  現れて。 

  そこに家族を全員呼び寄せて。
  みんなで楽しく暮らしているの。

  食事が終わると、彼が、
 「じゃあ、父ちゃん、ちょっと、滝に打たれてくるわ!」
 って。 (笑)

  で、家族が、「は~い、いってらっしゃ~い!」って。

  面白かったのは、最初のブロックで見た時の行者が、
 「え? こんなんでいいの?」って戸惑っている感覚が
  一緒に入って来るの。

ママは、「いいのよ。今の時代は、これで。苦行しなくても
いいの! 楽しみながら悟りを得られるの」って答えたん
だって。(笑)

ここでKさんに「解除していいですか?」って聞くと、

Kさんは、真面目な顔で「そんなのでいいんですかね?」
って言った。

私: そんなので?

ママ: うん、そんな楽でいいのか?って言う意味だよ。
  ねえ、エフちゃん、修行をいっぱいしてきた人は、なか
  なか手放せないんだね。

Kさんの許可をもらって解除すると、不思議なことが起きた。

PageTop