聖なる樹のヒプノセラピー物語      

マインドブロックバスター(91)

リーディングでわかったことは、「石の回収」だった。

私: 石の回収?

ママ: うん! 石を回収して、(レムリア時代の)元の持ち主に
 届けるの。

 海辺でも、山でも、お店でも、ピンとくる石があるはずだから、
 それを持ち帰る。

 で、加工するのか、しないのか、売るのか、譲るのか、そこは
 わからないけど、必ず、元の持ち主が取りにくるようになって
 るみたい。


私: ああ、ママに指輪が戻って来たみたいに?

ママ: そう。

面白かったのは、リーディングの内容をSさんに伝えると、
「だから、”回収”っていうメッセージがきたのかあ」と言ったこと。

私: でも、なんで「回収」する必要があるの?

ママは、「よくわからないけど、レムリア文明って、石(クリス
タル)とすごく繋がっていたんじゃないかな」と言った。

「クリスタルにはものすごい叡智があって、人と石は共存して
たんだと思う。

人々はいろんな形でクリスタルを生活に取りいれていて。

今、その石の叡智やエネルギーを必要とする人に、
Sさんが 回収して、届けてるんじゃないのかな・・
・」


ママが言ったことは、当たらずといえども遠からず、だった
かもしれない。

なぜなら、その日の夜。

みんなが帰った後に、ママは指輪をはめて、ぼんやり眺めて
いた。

そして、突然、「あっ!」と叫んだ。

「思い出した!」


遠い過去の記憶を。

PageTop