聖なる樹のヒプノセラピー物語      

マインドブロックバスター(97)

そうなんだろうな、と思ったわけは、

巷には、やれ宇宙人からメッセージが来ただの、チャネリングを
しただの、そういった本やブログが溢れているからだ。

ママも以前は「宇宙連合からのメッセージ」のようなものを
読んでいた時期がある。

そこには、ママには想像もつかない世界のことがたくさん
書かれていた。

そして、その内容の多くは、「チャネリング」を通して得られた
もののようだった。

だから、宇宙人が、ママに同じようなことを依頼してきたって
不思議ではない。

ママ: でも、私は、そういうことはやらないって決めてるの。

それは、「否定」しているからではない。

単に興味がないからである。

精神世界の入り口をくぐったばかりのころは、その手の本を
読みあさった。

見るもの、聞くもの、すべてが神秘的で面白くて仕方がなかった。

でも、今はヒプノを通して、「人生のしくみ」がわかってきて、
その探究は今後も続けるに値するほど興味深いのだけれど、

ママ: 探究していく中で辿り着いたの。

    「今を生きる」ことが、いかに大切かってことに。


だから、宇宙人と交信して、彼らの意図することを地球のみん
なに伝えることには興味がないのだった。


PageTop