聖なる樹のヒプノセラピー物語      

魂の解放(5)

ママ: 今の時代、たくさんの魂が「解放」されるために
 生まれてきているみたいなの。

「地球の意識が、加速してる気がするんだよね」って、
ママは 言った。

一昨年もそう思った。
昨年はさらに加速している気がした。

そして、今年はいっそう加速してる。

私: 加速してる、ってどんな風に?

ママ: 一昨年はね、ほら、自分の言動って、必ず自分に返って
  くるっていうじゃない?
  ブーメランみたいに。
  そのスピードがすごく早くなってる気がしたの。

  たとえば、朝に、誰かに「バカ」なんて言おうものなら、
  その日の夜には、誰かから「バカ」って言われるみたいな。
  (笑)

  原因に対して、結果のスピードがすごい速さでやってくる
  みたいな、ね。

昨年は、それがさらに早まっているように感じたのだという。

ママ: たとえば、以前なら、A地点からB地点までは歩いて
  行くしかなかったとするでしょう?

  仮に1時間だとする。

  で、今は、ふと横を見たら、なんと! 「歩く歩道」があるの。

  そっちを歩くと、さっきと同じように歩いていることにには
  変わりないんだけど、あ~ら、不思議、時間は半分の
  30分で着いちゃう、みたいなね。 (笑)


ママ: そして、今年は、「魂の解放」をする人たちがたくさん
  来てる。

「地球の意識」は、(何万年ごとかはわからないけど)、
「拡散」と「収縮」を繰り返しているんじゃないかと思う。

今は、収縮している。

だから、意識の「密度」も濃くなってきてるみたいだ。

以前、ヒプノの中で、「上」に、「2012年のアセンション説って、
本当なの?」と尋ねたら、「本当」だといわれた。

アセンションって、よく「次元上昇」っていわれてるけど、
もしかすると、この意識の「密度」が濃くなることなのかなあと
思ったりもする。

そして、収縮に伴って、過去に経験した(今は)不要な感情とか、
自分を生きにくくしている思考とか、そういうったものを
みんな、どんどん手放している。

ママ: まるで、魂に刺さった棘(とげ)を抜くみたいにね。

  今は、「解放できる」時代みたい。

そんな話をしていたら、
みつるお兄ちゃんが面白いことを言った。



PageTop