聖なる樹のヒプノセラピー物語      

魂の解放(9)

Pさん: Y子さんって、フラワーリースを作るとき、頭で考えて
 作ってないと思う。

 「こういう雰囲気の人に、こういう目的であげたい」って
 注文を受けると、「上」からイメージが降ってくるんじゃ
 ないかな。

ママも、(そうかも!)って思った。

フラワーリースは自己流だと言っていたけど、その割には
すごい作品を作るし。

きっと、天職なんだろうな。

今回、誕生日プレゼントにそのリースをもらったKさんも
加わって、ひとしきり、Y子さんの才能を褒め称え、

ママが、「どうせなら、Y子さんに直接会って伝えない?」
って提案した。

ママ: 百日紅(さるすべり)の樹もすっごいエネルギーが
  あるし、是非、みんなに見せたい!

  百日紅


そして、みんなも「行きたい、行きたい!」ということで、
即決だった。 (笑)

(MBBの)「卒業旅行」にしよう!って。

ママ: Y子さんとは、普段からメールのやり取りをしてたし、
  「また遊びに来てね」との優しい言葉をいただいてたから、
  この際、お言葉に甘えようと思って。

  でも、面白いんだよ~。
  きっと、行くことは決まってたんだと思うの。

  だって、日程を決める段階になったら、
  Fさんは、木曜日しか空いてないっていうの。

  Kさんは、仕事がシフト制だから、休みはまちまちなん
  だけど、たまたま10月の木曜日が1日だけ空いてて。
  それが16日だったの。

  Y子さんに確認したら、OKで。

私: 全員揃って行けるのが、その日だけだったってこと?

ママ: うん。 エフちゃん、流れにのってるときって、本当に
  すべてが、とんとん、ってうまくいくんだよ。

そして、ママには何となくわかっていた。

3人をY子さんの所に連れて行く必要がありそうだってこと。

特に、Pさんは絶対に。

その理由は、

ママ: すぐにわかったの。 
  Y子さんにメールを書いてるときに。

いきなり、あるヴィジョンが見えたのだという。



PageTop