聖なる樹のヒプノセラピー物語      

魂の解放(22)

ママが(さっきの子は誰だろう?)って思った瞬間、再びその
女の子が姿を現した。

なんだか、透明な球体の中に閉じ込められているような雰囲気
がする。

大きなシャボン玉の中にいるみたいに。

「あなたはインナーチャイルドなの?」って、ママは聞いた。

どうやら、そうらしい。

ママ: 不思議なんだよね~。

  球体の中にいるイメージがするのは、最初の過去世の
  ときみたいなの。

  それが、書換えをして、女の子が成長したら、その球体の
  中から飛び出してきたんだよね。

  明るくって、利発で、その子がいるだけで、周りがぱあっと
  光るぐらいのエネルギーを持っている。

そのとき、ママはふと、これが受講生Aさんの本質じゃないかな
って思った。

現実のAさんは口数が多い方でもないし、控えめで、タイプは
違うようにみえる。

だけど、きっと心の奥底に、こういうエネルギーを秘めている
気がした。

その女の子は、球体から出てきたかと思うと、大人になった
女性の手をとって、走り出した。

私: え~っと、インナーチャイルドが、大人の自分の手を
  とって、ってことだよね?

ママ: そう。

そして、森の中へ入って行った。

女の子は籐のバスケットのようなものを腕にかけている。

森に入ると、木の実や、きれいな落ち葉などを、その籠に
入れ始めた。

それを見ていたママは、
「あっ!!」っと驚いて声をあげた。

ママ: 
この子、さっきAさんが見たインナーチャイルドだ!

そう。

Aさんにインナーチャイルドのセッションをやったときに
出てきた女の子なのである。

女の子は、籠が木の実などでいっぱいになったら、きっと
大人のお姉さんにプレゼントするのだろう。

「これを見たら私のこと、思い出してね」って。

「わ~!!すごすぎる~!」

ママは興奮した。

「こんなの、初めて。」

Aさんは、
「こうやって繋がってるんですね」って冷静だったけど、(笑)

ママは、「すご~い! すご~い!」って。

ママ: ねえ、エフちゃん、こんなこと、あるんだねえ!

インナーチャイルドのセッションの練習をしてから、1~2時間
経っていたのに。

全然関係のない、過去世リーディングをやったら、ストーリーが
うまく繋がっているなんて!

ママ: ジグソーパズルでいうと、たまたま隣り合った2片を
  引き当てた、ってことなのかな。

  でも、すごいよね~。

  自責の念に苛まれていたお母さんの魂を解放し、
  同時に、閉じ込められていたインナーチャイルドも解放した。

明るくて、ピカピカ光っているインナーチャイルドを取り戻した
Aさんは、これから変わっていくかもしれない。



『聖なる樹のミラクルセラピー』のモニターさんを募集します! 
    ⇒ 
詳細はこちら



 
あなたもマインドブロックバスターになりませんか? ⇒ 11開講はこちら   。

   HPは、こちら

姉妹ブログ 『聖なる樹のマインドブロックバスター日記』 をスタートしました ♪

PageTop