聖なる樹のヒプノセラピー物語      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

魂の解放(30)

Y子さんは、リーディングをすると、相手の体の不調を、自身の
体で感じるのだそう。

ママの体内リーディングをしたときは、こんな感じだったらしい。

左耳の奥に違和感。

続いて右耳も、左耳ほどではないけど、違和感。
(当たってる!)

右脳がすこし急がしそうでした。(寝ていらしたから?)
(その通り。忙しく、夢を見ていた、(笑))

左手の小指に痛み。

右の背中にとんとんとたたかれる感じ。

すこし胃腸の重さ
(わかる 。 食べ過ぎ(笑))

左ひざ足首に痺れ。
(そう。そこが痛いの)

それらをヒーリングしましたが、
まだ耳の状態が変わりませんでしたので
もう一度左耳に集中しましたら、サイキック系?と浮かびました。

(うわ~!)

サイキックアタック・女性の念みたいなものを感じましたので
(誰? 私なんぞに・・・)

(注: サイキックアタックというのは、ネガティブな思考や
感情のエネルギーが相手に飛んで行ってしまうことです。
ママはそれを受けてしまったわけですが、必ずしも相手が
意識的に行っているとは限らず、無意識の場合もあります)

はじめ、光に返してみたんですけど、まだ残っていて・・・。
(こわ~!)

ネガティブなもの、マサコさんの身体の中に残る不調な部分を
足の下から追い出し、光に返しました。


するとエネルギーが綺麗にめぐっていくのを感じました。

身体が軽くなったので、終了のメールをさせていただきました。」


Y子さん、本当にありがとう・・・。

(ただし、病院に行かずに、病気を治して欲しい、とかは
だめですよ~。ヒーリングは治療行為ではないので・・・)

さて。

話は、ここで終わらないのです。

ママが本当に大変なことになったのは、この後。

Y子さんのおかげで、突発性難聴のような症状はだいぶ
治ったけど、今度は、左胸に痛みが出てきたのだった。

「うわ~・・・。なんだろう。まさか、乳がんとか?」

ママは検査を受けに行った方がいいかも、って病院を調べたり
していた。

Y子さんが診てくれて、
「左肩から鎖骨下あたりに向かってサイキックフック?」
って。

またか~!

サイキックフックというのは、「不必要な感情や霊的つながり」
なんだそう。

その日から、胸の鈍痛が続くようになったママ。

まさか、原因が意外なところにあるなんて、思いつきもしな
かった。

それは、胸が痛くなった日(13日)の夜に届いたメール
から始まった。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。