聖なる樹のヒプノセラピー物語      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

魂の解放(43)

謎が解けた感じだった。

私:  治ってると、シルエットで視えるのかな?

ママ: 治ってるってことは、もう憑いてないわけだから、
  余韻だけ残ってる感じ? (笑)

以前にも、そういうことがあった。

ママ: もう2年ぐらい前かなあ。

  あるクライアントさんが来た、2~3日後だったかな。

  友人に「なんか、影が憑いてるよ」って言われて。

  そのクライアントさんだった。

私: なんで?

ママ: 彼女、「闇の人」だったんだよね。

私: 闇の人ぉ?

ママ: っていっても、こわくないよ。

  とっても、面白くてユニークな人だった。

私: その人、なぜママのところに来たの?

ママ: うん、その前に来たクライアントさんに私のことを聞いて、
  「光の人」に興味をもったみたい。

ママはどうやら今生は「光の人」側にいるらしい。

ママ: みんな、たくさんの人生を繰り返す中で、「光」とか
  「闇」とか、どっちも経験するの。

  ほら、全てのものは二面性があるでしょう?

  男性と女性とか、裏と表とか。

  だから、両方を経験しないと、「全て」がわからない。

たまたま、今生、彼女は「闇」の側を経験し、ママは「光」の
側を経験しているのだった。

ママ: その時は、今みたいに知識がなかったから怖くて、
  すぐに仲間にヒーリングをしてもらって。

  そしたら、「黒い影」が「濃いグレー」に変わった、って。

  さらに別の仲間がヒーリングしてくれて、
  今度は「薄いグレー」になったの。

  で、一週間後には「透明」になってた。(笑)

だから、今回、S子さんが「シルエットで視える」と言ったのも
納得できたのだった。

私: でも、ママ、別に「妬み」とか、悪い感情じゃなくても、
  相手に憑いちゃうって、こわいよね?

ママ: きっと、みんな知らず知らずにそういうこと、やってると
  思うよ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。