聖なる樹のヒプノセラピー物語      

魂の解放(47)

この日のTさんは、「歯が痛い」と手で頬をおさえながら
やってきた。

ママは、「もしかして、また過去世・・・?」って思った。

案の定、次から次へと過去世が出てくる。

過去世を見て解放すると、痛みが治まるのだけど、また
別の部位が痛くなったりする。

「歯」というか、顎というか、咬みあわせというか・・・。

ママもこんなケースは初めてでびっくりした。

Tさんはこのタイミングでたくさんの過去世や幼児期から
引きずっている感情を一気に解放しているようだった。

ママはそのことを「良かった」と思っていたんだけど・・。

ママ: ちょっと考えさせられたこともあって。
  
  前回は左胸を中心に痛みが次々と出て来て、過去世を
  解放したでしょう?

  その後に、
あの「井戸の過去世」を解放してくれたKさんが
  ミラクルセラピーの講座に来て、こう言ったの。

  「Tさん、あの過去世の件で、マサコさんに悪いことを した
  っていう罪悪感で悩んでないかしら?」って。

ママは、「まさか?」って思った。

そんなこと、あるはずがない。
だって、あれは、はるか昔の過去のことだし。

それに、「解放」といっても、セッションでちょっと見ただけだし。

でも、その日、Tさんは
「実はあれから大変だったんです」って言った。

罪悪感が襲ってきて、ど~んと落ち込んだのだとか。

それも、かなり。

ああ、やっぱり、Kさんの直感は当たっていたんだ。

Tさんは、「落ち込んでいたとき、Kさんの顔が浮かんだ」と
言った。

「へえ?」

そんなこともあるのか~、ぐらいにママは思っていたんだけど。

ママ: 実はね、この日の前日に、
あの「突発性難聴」似の
  症状を視てくれたSさんが
、マインドブロックバスター講座の
  3回目に来ていたの。

  その日は、「心の思い残し」っていうのをやったんだけど、
  練習をしたら、Sさんが、
  私に「心を思い残している人」がいるっていうの。

  それでね、今回もまた透視の如く、よく視えて。(笑)

  それがなんとKさんだったんだよね。

私: Kさん? なんで?

真相は後日わかった。

ママがKさんに、Tさんがやはり罪悪感を感じていたのだと
メールで報告をしたら、こんな返事が来たのだった。

「Tさんに会ってからずっと気になっていました」って。

「マサコさんに何度も相談しようかと思っていたのですが、
忙しくて今に至ってます」って。

Kさんの「心配」の念がママにもTさんにも飛んでいたらしい。

(笑)

ママ: それほど、繋がってるってことだよね?

  ここに来てくれてる人たちって、魂の深いところで繋がって
  いる人たちなんだろうなあ・・・。

そう思うと、人生はやはり神秘的で、そして、面白い。

PageTop