聖なる樹のヒプノセラピー物語      

魂の解放(66)

自身で心の解放ができるといいと思って
いる理由は2つある。

ママ: 一つは、人の悩みって次から次へと出てくるでしょう?
 セッションを受けて、その時は気持ちが軽くなっても
 生活しているうちに、また新たな悩みが生まれたりする。

 その度に、カウンセリングとか、占いとか、セッションとか
 受けるのはもったいないし。

 自身でできるようになれば、誰のところにも行かなくても、
 自分でちゃっちゃっとできるし。

 それに、仲間ができると、お互いにやってあげる
 こともできるから。

現に、ママの周りには占いとかに以前ほど行かなくなったと
いう人が多い。

ママ: 自分で解決できるようになったから、行く頻度が減る
  んだろうね~。

私: でも、ママは「預言カフェ」に時々行ってるじゃない!
(注: 高田馬場にある「預言カフェ」のことです)

それは、たとえば自分でお料理を作れるとしても、
毎日毎日自分の料理を食べていると飽きてしまうので、
たまには他人の手料理を食べたくなるのと同じ感覚、
ってママは言った。

ママ: それに、あそこは、波動がいいし。

運営をしているのが協会だし、預言をしてくれるスタッフの
方々が敬虔なクリスチャンだからかな・・・・

商売っ気は感じず、「人のために神の預言をおろす」という
精神が強いためか、カフェの波動が良い感じがする。

スタッフの方たちは信心している神(キリスト)の意識に
繋がってチャネリングをしているのだと思う。

だから、ママは、先に神様に質問を上げておく。 (笑)

ママが神に質問をしておく。
スタッフが神にチャネリングして、答えを聞く。
そして、ママに教えてくれる。

こんな流れになるはず・・・・、ってママは言った。

ママ: 神様だって、仕事、恋愛、家族、さまざまなことがらの
 中から、何に対して預言をすればいいのかわからないでしょう?

 範囲が広すぎると。

 だから、先に「これについて答えを下さい」って頼んでおけ
 ばいいんじゃないかと思うの。

 そうすると、わりと具体的に答えが来るんだよね~。

もちろん、ママの持論です。 (笑)

そして、好奇心いっぱいのママは、あるとき、こんなことも
やってみたんだとか。

ママ: みなさんがどういう方と繋がってチャネリングしている
 のかなあって、突然思ったの。

 それで、預言を話してくれている間、集中して、その人が
 繋がっている先を見てみたの。

 (うわ~!キリストが見える~! すごい・・・)
 
 そして、こんな人も。(これは秘密)

PageTop