聖なる樹のヒプノセラピー物語      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

魂の解放(81)

最近のママは、まるで「過去世リーディング」専門のように
なっている。(笑)

自分でも、「面白くて仕方がない」のだそう。

ママ: エフちゃん、先日もね、マインドブロックバスターの
  養成講座で「臓器との対話」をしたんだけど、やっぱり
  過去世が出てきたの。

やり方を説明した後、ママが見本を見せる。

生徒さんに、「(体の)どこを見ますか?」って聞いたら、

「う~ん・・・・・、どこにしようかな・・・・。
膝は臓器じゃないか ら駄目かな?」って言うので、

「大丈夫ですよ~」と答えて、早速ブロックを見る。

生徒さん: たま~に、ほんとにたま~に、膝のお皿の奥が
  痛いときがあるの。

  あまりにも、たま~にだから、右足か左足かも忘れちゃった
  けど。

ママ: (苦笑)

  ええっと・・・・。ああ、過去世ですね。

出てきたヴィジョンは、お侍さん。

腰に刀を差している。

侍


道を急いでいた時に、何かにつまずいて、細い鉄の棒のよう
なものが膝に刺さり、怪我をしている。

「痛っ!」と膝頭を押さえているのは、右足のようだ。

傷は深かったが、特に治療もせず、それまでと同じように
動き回っていたため、時折、ず~んと痛みを感じることもある
ようだった。

痛みのせいか、今までのような機敏な動き、立ち回りができ
ない。

お侍さんは、それが気になる様子。

とりあえず書き換えをしたが、

「これって、本当かな~?」って、ママも半信半疑。

でも、あとで、「本当だよ」って判明する出来事が・・・!


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。