聖なる樹のヒプノセラピー物語      

魂の解放(82)

膝からはさらにメッセージが続く。

ママは、それを伝える。

「少し体重を落とした方が膝に負担がないかも・・・・」

受講生の方が、
「そりゃあ、落とせるものものなら落としたいけど・・・」

聞けば、食べる量はそれほど多くないのだという。

ママ: ってことは、運動すればいいのかな?

MBBでブロックを見てみる。

潜在意識を読み取ると、
ママ: カエルが1匹出てきました!

解除のイメージは、というと、

ママ: うわ! おもしろ~い!
  カエルのそばに、美味しい食料の山がある。

しかし、解除すると、
カエルはそれらのご馳走に見向きもせず、
目の前の池に飛び込み、
気持ちよさそうにすいすいと泳いでいく。

カエル


カエルがあまりにも気持ちよさそうに泳ぐので、
ママは思わず、
「水泳とかやったらいいかも?」と言った。

すると、受講生さんが、
「私、顔に水がかかるのが嫌なんですよね~。
だから、背泳ぎしかしないの」と言った。

「それに、足の届かない水深だとこわくって」

ママ: エフちゃん、その言葉を聞いたときね、私、スイッチが
  入っちゃって。 

私: (だろうなあ・・・。 ママのことだから)

ママ: 講座終了後に、リーディングさせてもらったの。

私: やっぱり、「過去世」だった?

ママ: うん! (笑)

PageTop