聖なる樹のヒプノセラピー物語      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

魂の解放(91)

顕在意識で感じる「悩み」や「気になること」の原因は、
潜在意識の中にある。

ママ: そして、その「原因」となる出来事は、

  「過去世」か、「幼児期」か、「胎児期」のいずれかのときに
  起きている。

つまり、「顕在意識」で感じる「悩み」と、
「潜在意識」の中の「原因」とが、「ひも付き」の状態になっているのである。

  114IMG_0118.jpg
 (  ↑ クリックで拡大します)

  で、要はその「原因」を消去してしまえばいいわけなんだ
  けど。

消去の方法はいろいろある。

マインドブロックバスターの場合は、

その原因がいつ発生したものなのか、

どこからきているのか、

何が起きているのか、

を掘り下げせずに、大抵の場合、「象徴」で把握して解除する。


たとえば、先日のマインドブロックバスター講座では、

生徒さんが、「高い所が怖い」というお題を出してきた。


マインドブロックバスターの手法を使うと、

「高い所がこわいという心のブロック」は何らかの象徴で
出てくる。

ママ: 「うさぎ」とかね。

 で、解除のイメージは「鳥」とかね。

そして、これを入れかえれば良いのである。

もし、お題が虐待だったり、何らかの心の傷を残すもので
ある場合、掘り下げをせず、あれこれ詮索をせずに、どんどん
解除していけるのは、クライアントさんにとって負担がなく、
とてもいい方法である。

ママは潜在意識を読み取るときに、過去世が出てくる確率が
高いのだけれど、

過去世が出てきた場合であっても、自分の心に向かって、
「マインドブロックバスターで見せて」と変更することもできる。

ママ: そうすると、ちゃんと「象徴」に変更されて出てくる。(笑)

この生徒さんの「高い所が苦手」のお題は、講座終了後に
もう一度リーディングで過去世を見に行った。

ママ: なぜなら、ちょっと引っかかることがあったからなの。








PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。