聖なる樹のヒプノセラピー物語      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

魂の解放(93)

(あ! たぶん・・・・・)

たぶん、この子?と思ったけど、ママには自信がなかった。


で、生徒さんを誘導して、自分で見にいってもらった。

すると、

生徒さんが、(3人の子供のうちの)一番下の子だわ、と言った。

ママもそれを聞いて、(ああ、やっぱり)と。


私: ママもそう思ったのに、なんで自信がなかったの?

ママ: (笑) そうなんだよね~。

  自分の直感を信じればいいのにね~。

  一瞬でも、「本当かな?」って思うと、ぐらつき始めるのよ 
  ね・・・。


それは車で走行中の車線変更みたいなものなの、とママは
言った。

後ろを確認して、「大丈夫」と思ったら、スッと車線変更すれば
何ら、問題ない。

ママ: それをほんの一瞬でも、「本当に大丈夫かな?」と思って
  再度確認すると、タイミングを逃してしまったりするでしょう?

  そんな感覚なの。

  ほんの一瞬、顕在意識で「本当にそうかな?」って思うと、
  脳波がシータ波から反れてしまい、迷いが生まれて、
  自信がなくなるの。


ママはこの過去世を書き換えた。

すると面白いことが起きた。

書き換えのイメージは、彼女がちゃんと命綱を装着して橋を
渡り、その命綱を、橋のたもとでご主人がしっかり握っていて
くれる。

隣の森へ無事辿り着き、彼女は必至で薬草を探す。

大きな木の根元にキノコが見えた。

淡いピンク色の傘のキノコ。

ママが「キノコがみえる」と言ったとき、

生徒さんも同時に、「私もキノコが見えた!」と言ったのだ!

「マサコさんが薬草っていったから、あれ?キノコは違うの
かな?って思ったんだけど」 (笑)

キノコに間違いなかった。

家に持ち帰り、ゆでて、すりつぶし、お湯に溶いて、木の椀に
入れ、子供に飲ませていた。

翌日、子供の熱は下がり、少しずつ回復に向かっていった。


書き換えが終わった時、

その女性だけでなく、ご主人も、子供も、この過去世を解放
するのを心待ちに待っていたのだと分かった。

今生でこの過去世を紐解き、解放するのを3人ともが切望して
いたのだった。

もちろん、それも「人生の計画」に入っていたのだ。


ママ: それでね、この解放については、その日の講座が
  始まる前にもうわかっていたの。

 実はね・・・。




 
 
 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら


聖なる樹のミラクルセラピー』の受講生募集中! 
    ⇒ 
詳細はこちら



あなたもマインドブロックバスターになりませんか? ⇒ 3月開講はこちら

   (3日間の講座で、誰でもできるようになります ♪)


   HPは、こちら

姉妹ブログ 『聖なる樹のマインドブロックバスター日記』 をスタートしました ♪

 「点描曼陀羅講座にご興味のある方は お問い合わせください
  
    
    3名様以上揃った時点で開催いたします。
    1day 10~17時 費用:8,500円+実費1,500円
  
    講座中は、感情解放セッションやリーディングを無料で行います♫ 
  
 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。