聖なる樹のヒプノセラピー物語      

真理の追求(9)

ママ: あのころ、一番びっくりしたのは、本屋さんに行っても、
  ネットで検索しても、巷にはこれほど精神世界の情報が
  溢れているのか、って。(笑)

私: うんうん、ママ、そう言ってたよね。
  「なんで、今までちっとも目に入らなかったんだろう?」って。


そうなのだ。

自分がフォーカスしていないものは、目に入らないどころか、
かすりもしない。

そういう世界が存在することすら知らないで生きていた。(笑)

で、ひとたび足を踏み入れようものなら、これでもか、これで
もかといわんばかりに、今度は情報が向こうからやってくる。


ママ: そういえば、面白い話があって・・・。

つい先日、ママは、ワンちゃんを連れて、目黒川沿いを散歩
していた。

すると、前方からジョギングしてきた若い女性が、突然驚い
たように立ち止まり、地面に視線を向けた。

ママがその視線の先を追うと、1匹の蛇がにょろにょろと道を
横切っていた。

うわ~!! こんな都会に、蛇?

蛇はゆっくりゆっくり動いている。


ママ: 昼間だよ? はっきり見えているんだよ?

  道の真ん中に、大人が二人立ち止まって、驚いた表情を
  浮かべて、地面を凝視しているのに、誰も注意を払わな
  いんだよ?


不思議だった。

ママは思いついて、「うわ~!」と驚きの声を出してみた。


が・・・・。

そのママの顔を不思議そうに見ながら通り過ぎる人はいても、
ママが見ている地面の方を見る人は誰もいない。


ママ: だから、蛇を指さしてみたんだけどね。(笑)

  それでも、誰も見なかった。

時間にして5分~10分ぐらいだっただろうか。


ママ: 人は結構通ってたんだけどね~。

  そのとき、こう思ったの。

  この日本の、この東京の、この目黒の、この場所で。

  目の前の蛇を見ているのは、自分と、もうひとりの女性
  だけ。

  同じ時間に、同じ場所に存在しているのに、見ている
  風景は人によって全然違うの。

  見ているものも人によって違うの。

  きっと、後で誰かに、「今日、蛇を見たよ」って言ったら、

  「まさか!あんな都会で!」って言われるかもね。


そんな風に、同じ時間に同じ場所にいても、人はそれぞれ
自分が「見るべき」ものしか見ないで生きている
のだと思った。


ママ: だから、興味がないものは自分の視界に入ってこない
  のも頷けるなあって。


ママがヒプノを習い始めたと同時に、レイキを習ったときも
同様だった。

もう何年も前からレイキは普及していたのに、「レイキ」という
言葉を見たことも聞いたこともなかった。


ちょっとネッットで検索すれば、情報がどっさり出てくるにも
関わらず。 (笑) 

     

 
 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら


聖なる樹のミラクルセラピー』の受講生募集中! 
    ⇒ 
詳細はこちら



あなたもマインドブロックバスターになりませんか? ⇒ 4月開講はこちら!

   (3日間の講座で、誰でもできるようになります ♪)

   ・ 4月18(土)・19(日)・20(月) / 4月18(土)・25(土)・3回目は応相談
   ・ 5月2(土)~6(祝)の間のご希望の3日間/ 5月23(土)・24(日)・25(月)
   ・ 6月18(土)・19(日)・20(祝)

   
   HPは、こちら

姉妹ブログ 『聖なる樹のマインドブロックバスター日記』 をスタートしました ♪

 「点描曼陀羅講座にご興味のある方は お問い合わせください
  
    
    3名様以上揃った時点で開催いたします。
    1day 10~17時 費用:8,500円+実費1,500円
  
    講座中は、感情解放セッションやリーディングを無料で行います♫ 
  
 

PageTop