聖なる樹のヒプノセラピー物語      

真理の追求(15)

<輪廻転生>


第1章では、戦場で敵味方に分かれて戦っていた相手が、
第2章では兄弟で登場していたりする。

(当時、敵だった)兄は、弟の自分に優しくしてくれる。

でも、弟から見ると、何となく兄に距離を感じるというか、
心を開くことができない。


私:それは前世(第1章)で、敵だったから?
  でも、記憶はないんでしょう?

ママ: うん。記憶はない。
  だから、顕在意識では、なんで兄のことが煙たいのか、
  理由が分からない。


  それでも、魂は覚えてる。

私: そっかあ・・・。
  魂が覚えてるんだ・・・。

  なんで、そのときの敵が、わざわざ兄弟に生まれてくるの?


ママ: 人によって、理由はさまざまなの。

  兄の方は、戦士のときに弟を殺した。
  だから、今生ではお詫びをしたかった、
  そして、平和な国、戦かわなくてもいい国に生まれて、
  今度は仲良くしたかった、とかね。


私: だから、弟に優しいんだ。

ママ: うん。


  そして、第3章に進むと、同じ会社の同僚で、お互いライ
  バル意識が強くて、犬猿の仲、とかね。


  第4章に進むと、姉妹に生まれて、早くに親を亡くして、
  ふたりでお店をやりながら、力を合わせて生きていくとか。


親子、夫婦、兄弟姉妹、恋人、親友など、近しい立場にいる
人ほど、こんな風に何度も何度も身近に転生している、
ってママは言った。


ママ: あるときは、いい関係で。

    ある時は、学びあうための関係で。


私: 学び合う?


ママ: たとえば、自分が「許す」ってことを学びたいときは、
  過去世ではとっても優しくて、この上なく自分を愛してくれ
  た夫が、
  今生は意地悪な姑に転生してたりね。


  「なんて根性が悪いの!こんな人、大嫌い!」って
  思っていても、

  実は過去世では、「もう一度生まれ変わっても、この人と
  夫婦になりたい」と思っていた、その愛しい夫だったり
  するの。 (笑)


  「許す」ことを学ぶためには、「許せない」ことをする相手が
  必要でしょう?

  その役を買って出てくれてるんだよね。


  絆が深い人(魂)だからこそ、その役を引き受けてくれる。


私: そっかあ。じゃあ、その人生で「許す」ことを学べたとし
  たら、その人のおかげなんだ。



 姉妹ブログ 『聖なる樹のマインドブロックバスター日記』 をスタートしました ♪

     

 
 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら


聖なる樹のミラクルセラピー』の受講生募集中! 
    ⇒ 
詳細はこちら



あなたもマインドブロックバスターになりませんか? ⇒ 4月開講はこちら!

   (3日間の講座で、誰でもできるようになります ♪)

   ・ 4月18(土)・19(日)・20(月) / 4月18(土)・25(土)・3回目は応相談
   ・ 5月2(土)~6(祝)の間のご希望の3日間/ 5月23(土)・24(日)・25(月)
   ・ 6月18(土)・19(日)・20(祝)

   
   HPは、こちら


 「点描曼陀羅講座にご興味のある方は お問い合わせください
  
    
    3名様以上揃った時点で開催いたします。
    1day 10~17時 費用:8,500円+実費1,500円
  
    講座中は、感情解放セッションやリーディングを無料で行います♫ 
  
 

PageTop