聖なる樹のヒプノセラピー物語      

真理の追求(35)

1年前のこと。


Mちゃんは仕事で沖縄へ行ったのだそう。


飛行機が「九高島」上空を飛んでいたとき、突然、強く下に
ぐ~っと引っ張られて、

「もう、飛行機の底を突き破って、すと~んと下に落ちるんじゃ
ないかと思った」ぐらい、すごい力だったのだとか。


それで、1週間後に仕事の休みをとって、「九高島」へ行って
みたのだそう。


「島に着いたら、足が勝手に動き出して、(行くべきところに)
あちこち行くの」


「それでね、6歳ぐらいの女の子が現れて、いまどき、おかっぱ
頭に、モンペを履いてるの」


ママ: え~、それって、実在してるんですよね・・・?


Mちゃん: うん。一緒にいた友達にも見えてたし、ちゃんと
  足もあったよ。 (笑)

  でね、名前が「トミ子」っていうの。
  いまどき、トミ子なんてね・・・・


そこまで聞いたとき、ママに異変が起きた。


なんだろう・・・


この胸の奥ふか~いところから、ふつふつと湧き上がってくる
もの・・・・


切ないような、苦しいような、懐かしいような、なんともいえな
い感情の塊・・・・


あっ!


ママが叫んだ。


「それ、わたし! トミ子は、わたし!」




 姉妹ブログ 『聖なる樹のマインドブロックバスター日記』 をスタートしました ♪

     

 
 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら


聖なる樹のミラクルセラピー』の受講生募集中! 
    ⇒詳細はこちら!

あなたもマインドブロックバスターになりませんか? ⇒ 7月開講はこちら!

   (3日間の講座で、誰でもできるようになります ♪)

      
   HPは、こちら

PageTop