聖なる樹のヒプノセラピー物語      

真理の追求(40)

Mちゃんの施術はちょっと変わっていた。


一見、普通のマッサージのようにもみえるけど、
「体と話しながら」行っているのだという。

体調不良の原因となる過去世なども見えているらしい。


ママ: 一言でいうと、「霊能者」だね~。


子供のころからちょっと変わっていたらしい。


小学校1年生とのき、遠足に行って、
先生が、「みんな、好きな絵を描いていいよ~」と言ったので、
Mちゃんは嬉しくて、目の前に見える黄色やオレンジ色の
オーブ(玉響~たまゆら、ともいわれる)をいっぱい描いたのだそう。

オーブ

(写真に写ったオーブの例)


そしたら、先生があわてて親に連絡をして、精神科で検査を
受けた方がいいと言ったとか。 (笑)



小学生のとき、よく「幽体離脱」していたから、みんなそうなん
だと思い込んでいて、

友達に、
「ねえねえ、夜になると、お外に行くでしょう?」と話して
うそつき呼ばわりされたとか。 (笑)


そんなMちゃんだからこそ、
施術とか何も勉強したことがなくても、人の体を治せるのだろう。


Mちゃんと話していて、ママが「やっぱり!」と思ったのは、
体の不調が「メンタル」から生じるということだった


ストレスとか、性格的なもの、思い癖、子供のころの体験から
くるトラウマなど、メンタル的な要素が病気を作るようだった。


ママ: だからね、エフちゃん、そのメンタル的な原因をはずさ
  ないと、せっかく治っても再発の可能性だってあるでしょう?


  整体やマッサージ、針鍼灸等に従事している人たちもよく口に
  するんだけどね、

  たとえば、クライアントさんが「肩が痛い」とか、「腰が痛い」
  とか言って来るとするでしょう?

  で、そのときは施術して、治った!楽になった!って喜んで
  帰るのに、しばらくしたら、また同じ場所が痛いと言ってくる。

  「なんでだろう?精神的な何かが影響してるんじゃないか
  な?」と考えて、精神世界の扉を叩く医療従事者もけっこう
  いるの。


Mちゃんのように、ただ施術するだけではなく、ちゃんと「原因」を
教えてくれて、

そして、「ああ、そうだったのか」と気づきが生まれること、

それがとても重要だと思う、ってママは言った。


「気づき」が生まれて、「意識」が変わる。


「意識が変わる」ということは、今まで握りしめていた、「原因
となる感情や思考」を手放すこと


なのだと思う。


それによって、病気が治ったり、心が軽くなったりする。


ママ: これこそが、「量子力学」の原理なんだと思うんだよね~



 姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪

     

 
 セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら


聖なる樹のミラクルセラピー』の受講生募集中! 
    ⇒詳細はこちら!

あなたもマインドブロックバスターになりませんか? ⇒ 7月開講はこちら!

   (3日間の講座で、誰でもできるようになります ♪)

      
   HPは、こちら

PageTop