聖なる樹のヒプノセラピー物語      

アクセス・バーズ(3)

アクセス・バーズの創始者はアメリカのギャリー・ダグラス氏で、
このツールは20年以上前に、チャネリングで得たものなのだ
とか。

32か所のポイントを順次、触っていくことで、
「お金に関するもの」とか、「過去世に関するもの」とか、
「時間や空間に関するもの」とかが、カテゴリー別に解放され
ていくらしい。

バーズ 


ママ: で、解放されるものは、これまでの長きにわたる人生
  で積み上げてきた「信念体系」とか、「判断」とか、「概念
  とか、自分なりの、物事に対する「視点」とかなの。


私: ふうん。
  そういうのが解放されると、どうなるんだろう?

ママ: 自分の「縛り」がなくなるから、自由になるんじゃない?
 


「こうあるべき」とか、「こうしなければならない」という縛りが
なくなったら、人はどれほど自由になれることだろう。


ママ: それに、人は知らず知らずのうちに、すべてのことに、
  対して自分なりの視点や観点で、「ジャッジ」をしてるでしょう?

私: ええっと、「判断」?

ママ: うん。 「判断」とか、「決めつけ」とか。
  それをなくせば、自分が楽になる。


たとえば、いつも自分の自慢話をする人がいたとする。

「あの人、自慢話ばかりして、嫌い」と思う場合には、
自分の中に、
「自慢話はみっともない」とか、
「謙遜するのが美徳」っていう観念があるかもしれない。

それゆえ、「自慢話をする人=嫌い」という判断を下してしまう

もしも、自慢話をする人のことを、
「へ~、この人、自慢話するのが好きなんだ~」とだけ思って
聞いてればも、嫌な気持にはならないかもしれない。

実際、自慢話を楽しんだり、面白がって聞く人だっているわけ
だから。


ママ: もっと簡単な例もあるよ。

  ある人の職場がね、ビルの5階だったんだって。
  
  で、ある朝、エレベーターの前で、4階を借りている会社の
  社長と一緒になったの。

  おはようございます、って挨拶をしたのに、先方は軽く頭を
  傾げただけで何も言わなかった。

  その人はぷんぷん怒っちゃったの。

  今度から挨拶するもんか!って。

  この場合、その人の「観念」では、誰かが挨拶をしたら、
  挨拶をし返すのが常識、なんだろうね。

  だから、自分の常識通りに動かない相手のことが気に
  いらない。

  でもね、「今度から挨拶するもんか!」って決めちゃうとね、
  結局、自分が嫌な思いをするんだよね~


私: え~? なんで?

ママ: 出勤してきたときに、もし、その社長がエレベーターの
  前にいたら、「あ! やだな、あの人がいる!」って思っちゃう
  じゃない。(笑)

  相手が挨拶しようが、しまいが、そんなこと関係なく、自分は
  「おはようございます!」って言っとけばさ、いつどんな時に
  鉢合わせしても、何にも嫌な思いをしなくて済む。


  だからさ、自分が何かの「想い」を持つってことは、
    結局、 自身の悩みや苦しみを作るようなものなの。


「でもね」って、ママは続けた。





 9月の「アクセス・バーズ」講座 日程 

   講座日時
      8月30日(日)10:00~18:30  満席御礼!
      9月12日(土)10:00~18:30  
満席御礼!
      9月16日(水)10:00~18:30  満席御礼!
      9月22日(火・祝日)10:00~18:30   残3名
      9月29日(火)10:00~18:30   残3名


       ⇒ 詳細は、こちら から。


  9月より 
『心のデトックス 1dayクラス』 と、
     
     『過去世リーディング講座』 を予定しています。


     

  
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら


聖なる樹のミラクルセラピー』の受講生募集中! 
    ⇒
詳細はこちら!


 姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 
   HPは、こちら

PageTop