聖なる樹のヒプノセラピー物語      

アクセス・バーズ(12)

ママ: ねえねえ、エフちゃん!

  変じゃない?

私: 何が?

ママ: 経絡ってさ、「気」の通り道だよ?

私: うん?

ママ: 全身を巡ってるんだよ? 
 そして、その経絡の上に、「ツボ」が存在するんだよ?


私: ?

ママ: エフちゃん、「気の通り道」なんて、どうやってわかったの?

 だって、「目に見えない」じゃない!

西洋医学みたいに解剖して確認できるわけでもないし、
最初の発見者は、いったいどうやって「気の通り道」を発見
 したの?

ママはそう言うと、ネット検索を始めた。


経絡(気の通り道)と経穴(ツボ)、どちらの発見が先かも
不明みたいだし、

発見も2,000年前とか、3,000年前とか、4,000年前とか
さまざまだし、

どうやって発見されたのかも、いろんな説があって、結局は
わからないみたいだった。


中には、

「最初に発見した人は、経絡や経穴が見えた」って書いてる
ものもあった。


すると、

ママ: そうかも~! 「見えた」のかも!


アクセス・バーズは、ギャリーさんがユニバースに問いかけて、
「チャネリング」で受け取ったツールである。

経絡や経穴だって、「チャネリング」で受け取った可能性が
ないとは言えない。


ママ: 昨年、こんなメッセージを受け取ったの。

  「上」は、いつも、その時代に必要な「人」とか、
  必要な「ツール」を降らせる、って。

  そういえば、「フラワーレメディ」だって、「オーラソーマ」
  だって、みんな「上」から来たツールだよね?


フラワーレメディというのは、植物のエネルギーを使って
人の「マイナスの感情」を癒したり、和らげたりする療法である。


その方法は、そのときどきの感情に必要な植物(38種類)の
エッセンス(植物のエネルギーを水に転写させ、保存のために
ブランデーなどをいれて、ビン詰めにしたもの)を

yjimageG4YTSY7R.jpg


数滴、直接口に垂らしたり、飲み物に入れたりする。

イギリスの医師エドワードバッチ博士が1936年に完成させた
のだが、

バッチ


彼は子供のころ、

「すべての病気を治療できる、簡単で単純な治療法を発見している 
を、よく見ていた のだという。


そして。






 10月の「アクセス・バーズ」講座 日程 

      
10月12日(月・祝日)10:00~18:30   満席御礼
      
10月23日(金)10:00~18:30   満席御礼
      11月3日(祝日)10:00~18:00 受付中!

      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

      
10月4日 満席御礼! 終了しました
      10月21日(水) 受付中!⇒こちら

     
     
     

  
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら


聖なる樹のミラクルセラピー』の受講生募集中! 
    ⇒
詳細はこちら!


 姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 
   HPは、こちら



PageTop