聖なる樹のヒプノセラピー物語      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

浄化隊(6)

60分(または90分)のセッション中、歯がカチカチとなり続けて、
終了後にはかみ合わせが整っているというのは、よく聞く話。

アクセス・バーズ講座を受講した生徒Sさんは、
その後1週間の間、左足が痛くて痛くて、よほど病院へ行こう
かと思ったのだそう。

ところが、痛みが引くと、体のバランスが良くなっていることに
気づいてびっくり。

「昔から左足が3ミリ短いのは知ってたんですけど、両足が
同じ長さになったんです! バーズって、骨格矯正にも効果が
あるのかなあ?」

ママは、

「骨格矯正をするというよりも、体の60兆個ともいわれる細胞
すべてに意識があって、そこには感情とかトラウマとか、解放
すべきものが詰まっている(つまり、帯電している)から、

バーズで頭部のポイントに触れることにより、必要な細胞に
エネルギーが流れていって、放電をするんじゃないかと思う。

で、結果的に、不要なものが削除されて(放電されて)、
細胞が元の正常な状態(形)に戻るから、見た目も変わる
んじゃないかなあ」
って言った。


Aさん以外にも、アクセス・バーズを受けて、

「わ~っ! 両手両足にビリビリ電気が流れる~!」と言った人、

「骨盤がぐいぐい動いてる~!」と言った人、

「手先にビリビリと電流が流れる」と言った人、

まるで、温泉からあがったみたい~と、
ヘロヘロになって動けなくなった人、

さまざまである。

中には、Bさんのように、セッションの間中、まるでストレッチを
しているかのように、激しく動き続けた人もいて、 


この時は、ガイドに
「何が起きてるんですか?」って聞いたら、
「浄化」って言われた。


ママ: だから、「放電」によって、体の調子の悪いところが
  整っていくのは、本当なんだな~と思ったの。

  調子の悪いところというのは、つまり「帯電」が起きている
  場所なわけ。その場所を放電してあげれば、滞っていた
  エネルギーが流れ始めるわけでしょう?


そして、裸足で大地に触れるのも、然りである。
(歩かなくても、足を置いておくだけでもよいらしい)

同じように、放電が起きるから。

ママ:そういえば!
  
 以前、生徒さんにグラウンディング(地球と繋がる)の方法と
 して、大地の上を素足で歩くように勧めたら、
 早速試してくれて、すごい変化があったっけ。


(明日に続きます)





 10月の「アクセス・バーズ」講座 日程 

      
10月12日(月・祝日)10:00~18:30   満席御礼( 終了しました)
      
10月23日(金)10:00~18:30   満席御礼
      11月3日(祝日)10:00~18:00 受付中!

      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

      10月4日 満席御礼! 終了しました

      10月21日(水) 受付中!⇒こちら

     
     
     

  
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら


聖なる樹のミラクルセラピー』の受講生募集中! 
    ⇒
詳細はこちら!


 姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 
   HPは、こちら




PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。