聖なる樹のヒプノセラピー物語      

浄化隊(30)

でもって、R子さんのブログの続きが最高に面白い。


「マサコさんのブログを読んでると、浄化をしてほしい者達が
やってきて、肩が重くなったり、首が動かなくなるらしい・・・。

そんなの誰だっていやじゃない? 

っていうか、ちょっと待って!

助けて欲しい人のところへ来て、その人に痛みを与えるって
すごく失礼じゃない?

お願いごとがあったら普通、家の前で戸を叩き、
『ごめんください、実はお願いごとがあります。どうか
よろしくお願いします』っていうのが道理じゃないですか。

ただやってきて、肩や首を重くするなんて非常識だわ!
お願いする人の体調を壊したら、願い事を叶えてもらえない
かもじゃない?

お願いごとがあるのなら、ちゃんと聞こえるように言うか、
ビジョンを見せてくれるか、
でも、私に無関係な人たちは、教会に行くなり、
プロのクレアヴォヤント(霊能者)へ行ってちょうだい、
私は自分のことで精一杯なんだし、
なんてことを頭の中でぐるぐるつぶやいていた。 

最後に、
とにかく、私が痛いのはイヤッ!!!って叫んでみた。 

なんとなく、気分がスッとしたので寝たのでした」


ママ: あ~はっはっはっはっは・・・!! (〃^∇^)o_彡☆

ママは笑いが止まらない。

翌日の講座のときにも、
「痛みを与えるって、失礼ですよね?」って言っていた。(笑)


ママは、浄化のお願いにやってくる人たちは、痛みを与えて
いるつもりはないんじゃないかと思った。

ただそばに来るだけ、
そして、「お願いしたいな~」と思っているだけなんだけど、

その存在やその想いが、(おそらく)4次元のものなので、
私たち3次元の人間には「痛み」として感じてしまうのでは
ないかな、って。


私: でも、ママも「痛いのはいや!」って怒ってたじゃない?

ママ: ハハハ・・・!


そうなのだ。

ママは、
「私は3次元で生きてるんだから、痛みで日常生活に支障を
きたすのは困る! そんなことしたら、浄化なんてお手伝い
しないからね!」って脅したりしていた。


ママ: ハハハ・・・!
 だって、ほんとだもん。


講座の翌日、R子さんのブログはさらにすごいことになっていた。

2015-11-010s.jpg 
(英文の貼り紙。 内容は以下)

「私はこのタマゴバリアの中です。^^ 
訪問者のためにお知らせを貼っておきます。

『私は見知らぬ人の浄化のお手伝いはしません。
教会か、神社、お寺、またはプロの霊能者のところへ
行って下さい。』

ママは、痛みから解放された翌々日、明治神宮へ行き、
しっかりと宣言してきた。

「私は生身の人間の方へのサポートしか行いません。
現世を生きている方々に、魂のしくみを伝えるお仕事だと
思っていますので」って。


ということで、「浄化隊」も一段落なんだけど・・・。







 11月の「アクセス・バーズ」講座 日程 

      
11月3日(祝日)10:00~18:30 満席御礼!
      11月14日(土)10:00~18:30  受付終了!
      11月20日(金)10:00~18:30  受付中!
      11月25日(水)10:00~18:30  
受付中



      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

      10月4日 満席御礼! 終了しました

      
11月11日(水)、12日(木) 受付終了!⇒こちら
      

     ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら


聖なる樹のミラクルセラピー』の受講生募集中! 
    ⇒
詳細はこちら!


 姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 
   HPは、こちら


PageTop