聖なる樹のヒプノセラピー物語      

浄化隊(34)~番外編~みわ殿、光へ帰る①

「浄化隊」を終え、次の章へと進もうとした矢先、生徒のTさん
から、連絡がきた。


いよいよ、「みわ殿」を光に帰すため、本日、岐阜へ行くのだという。


実は4日前に、
「ここ数日間、右肩が痛い」というメールをもらっていた。

浄化に関しては厳しく断っているにも関わらず、また痛みがきて、
Tさんはうんざりしているようだった。


知人の霊能者の方に視てもらうと、
「他人は諦めているのできていないけど、Tさんの親族や
先祖の方が、自分たちにはやってくれるだろうと思ってきて
いるようです」とのことだった。

その方が浄化してくれて、来ている人たちは、緑がかった明るい
光に包まれて満足そうに(光に)帰って行ったのだそう。


翌日、Tさんからメールが来て、
「朝、起きたら右肩が軽くて驚きました」と。


ママ: Tさんが寝ている夜遅い時間に浄化したからね~(笑)


「でも・・・」と、Tさんのメールは続いていた。

「右肩に鎧武者(よろいむしゃ)がのっているようです」


左肩には「みわ殿」がいて、ほかの人が「お頼み申す」と
来ないように監視してくれているんだけど、

今回、右肩に来た鎧武者は地位が高い方らしく、「みわ殿」は
太刀打ちできないらしい。


翌日、ママはやっぱり気になってTさんに電話をした。

ママ: なぜ、このタイミングでその鎧武者が来たのかなあ?
  と思って。


Tさんと電話で話すと、様相が視えてきた。

やはりかなり地位の高い方のようだ。

他の方はTさんにきっぱりと断られて近づくことができな
い中、この鎧武者は、「みわ殿」が肩に居るのを見て、
「おぬしが許されているのなら、私もいいはずじゃ」とやって
きたよう。

もしかすると、「みわ殿」がお仕えしていた方かもしれない。


「みわ殿」はみんなの羨望の的になっていたらしい。(笑)

この鎧武者もつかの間、みわ殿のように、平和な世の中を
堪能してみたかったようだ。


ママ: みわ殿が光に帰るときに、一緒に帰るみたいだから、
 大丈夫だよ~。


そして、Tさんが痛みを感じなくて済むように、
左肩のみわ殿を見習って距離を置くように、と言うと・・・・


Tさん: あ! 肩が少し軽くなりました!

私: 面白すぎる!(笑)


肩が軽くなったところで、最近の「みわ殿」の話になった。

いよいよ光に帰るときが近づいてきたからか、神妙な面持ち
なのだという。

一抹の寂しさも感じている様子・・・。


ママが、
「大丈夫、光の世界はここよりもっと素晴らしいところだよ!
強いて言うなら、ここが小さな遊園地だとすると、
あっちの世界は大きなディズニーランド、ってとこかな」
と言うと、
みわ殿の顔がぱっと輝いた。

Tさんも、「ほんとだ~! 今、目が輝いたね!」と大笑い。


そして・・・。





  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 12月の「アクセス・バーズ」講座 日程 

        12月12日(土)10:00~18:30  受付中!
        12月16日(水)10:00~18:30  受付中



      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         12月9日(水)10:00~16:00  受付中!
         12月23日(水、祝日)10:00~16:00  受付中


      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら


聖なる樹のミラクルセラピー』の受講生募集中! 
    ⇒
詳細はこちら!
 
 
   HPは、こちら

PageTop