聖なる樹のヒプノセラピー物語      

浄化隊(19)~ヨーロッパ

Tさんが能力開花したのをいいことに、ママは誘導して、
いろんなことを聞いてもらった。
 

ママが常々、気になっていたのは、これ!


才能の花火師」なんて言われて、

確かに人の才能を打ち上げ花火のごとく、
パァン!と開花させるのはお役目かもしれないけど、


ママ: 目の前のいがぐり(生徒さん達)の、

  イガから栗の実を取り出したら、

  うわっ! 私の栗よりおっきい! って。 (笑)


栗

つまり、能力が開花すると、その能力のすごさにたじたじ・・・・。

自分よりよっぽど能力のありそうな人たちばかりで・・・。


Tさんにしたって、R子さんにしたって・・・。

講座の途中で、「あ! そういえば、私、子供の頃から
そういうこと、できてた!」って、霊能者だったことを思い出し
た人も何人もいるのだ。


ママは、「それはなぜなの?」って聞いてみた。


Tさん: 例の赤いスカーフの魔女が出てきました! (笑)

 魔女が言うには、マサコさんは昔、今のように、みんなの
 先生だったそうです。

 「生徒たちが大きくなった姿をみたいだろう?
 今の開花した姿を見せてあげてんだよ!」って。


この魔女は、Tさんと話すのが楽しいらしく、たびたび出現する。


魔女: 力のない人に、力があることを思い出させることは
  できないだろう?


魔女はそう言って、生徒さん達が能力開花するのは、ママ
に開花させる能力があるからだよ、ってフォローしてくれたん
だけど・・・。

ママは納得できず・・・。


魔女: 今生は、みんなを「羽ばたかせる」のが役目なんじゃ。

  昔の教え子の成長した姿を見たくはないのかい?

ママ: もちろん、能力が開いていくのを見るのはこの上ない
  喜びですけど、でも、みんな、私よりすごいみたいなんです!

魔女: 昔は、みんなに勉強をさせるだけで達成感なく終わった
  んじゃ。

  今生は、自分のレベルを下げてでも、達成感を味わいた
  かった。自分でそのシナリオを決めてきたんじゃよ。


ママ: え~っと、なんで自分のレベルを下げる必要がある
  んですか?

魔女: レベルを下げることで、みんなの気持ちがわかるからじゃ。

  たとえば、東大生が何の挫折もなくエリートの道を歩んだ
  としたら?

  挫折する苦しみも葛藤もわからないかもしれない。

  それと同じように、あなたが最初からすごい能力を持った
  霊能者だったら、みんなの気持ちが理解できないじゃろう?

  そして、みんなも恐れ多くて、あなたの元へはこれないじゃ
  ろう。


つまり、ママがものすご~い力を持った霊能者だったなら、
どんなに、「みんな誰でもこんなこと、できるよ」と言ったところで、
「いやいや、あんな風になれるわけがない」と思って、
近寄りがたいと言うのだ。


ママ: (ふ~ん、そういうものなのかあ・・・)

 ま、いいや!  (笑)


 今は毎日が楽しくてたまらないし、それに、生徒さんたちが
 講座に来て楽しんでくれるのは嬉しいし、
 リーディングとかいろんなことができるようになって、
 生徒さん同士の交流もいっぱい深まって、
 みんなが、「人生が楽しくなった!」って言ってくれれば 
 最高!だから。



聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 2月の「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら



PageTop