聖なる樹のヒプノセラピー物語      

世界の底上げ(6)

この「世界の底上げ」解放セッションがきっかけで、
ママはあることに気が付いた。


ママ: 
そっか! そうだよ、エフちゃん!

  だから、過去世で修行をたくさんやって来た人たちって、
  なかなか解放が進まなかったんだ! 


解放しても解放しても、今生でも修行をやりたがっていて、
なんでかな~?って思っていたんだけど、腑に落ちた。


ママ: ってことは、もしかして・・・!

ママは卒業生の生徒Bさんに連絡をして、
講座のある日に遊びに来てもらった。

ママ: 本人には黙ってたんだけど、Bさんも絶対、その
  セッションが必要だと思ったの。(笑)

私: それで、どうだったの?

ママ: ビンゴだった!


Bさんを誘導して、
「修行を手放さないサブパーソナリティ」を呼び出してみたところ・・・・

山伏のような人が出てきた。

「なぜ修行を手放さないの?」と聞いてみると、

「もう手放してるよ」と。
「でも、この人(Bさん)の中に、まだ(修行に)未練のある人がいる」

それを聞いていたBさんが、
「私が未練があるのかな・・・」と呟いた。

「未練のあるサブパーソナリティ」を呼ぶと、

困惑した表情で、
「「私は未練はない。この人(Bさん)が納得してないだけ」と
訴えてきた。

で、今度は「納得しないサブパーソナリティ」を呼んでみると、

古い日本の時代、

座り机に向かって、暗い灯りの中、一心不乱に書物を読んで
いる男性が出てきた。

「違う、違う! これじゃない! もっともっと、学ばなければ!
急がないと、時間がない!」

ママ: あなたはどうして納得してないの?

納得しない人: 自分の仕事を遂行できなかった。

ママ: 仕事って?

納得しない人: 疫病を軽くしたり、子供たちが健やかに育つ
  ようにしたり・・・。

  仲間が何人かいて、仕事を分担していた。
  私は疫病の担当。

ママ: なぜ、軽くしたいの?

納得しない人: ・・・・・
  (そんなの、当たり前だろう。こいつ、何を言ってるんだ)

  人は疫病で死ななくても、学びはできる。
  地獄絵図さながらの世界が繰り広げられなくても、
  学びはできる。


突然、ママの口調が変わった。
五次元マサコの登場である。

ママ: (今話してている)あなたは人間?それとも、天上界の人?

納得しない人: (驚きながら) 天上界・・・。

ママ: 「軽くても学びができる」と思っているのは天上界の人?
  それとも人間として降りてきた人?

納得しない人: 人間・・・。


ママ: では、「疫病は軽い方がいい」と思っているのは、
  (天上界にいたころのあなたの考えではなくて)、
  人間としてのあなたの考えでは?

納得しない人: ・・・・・・・。 

ママ: (人間のあなたが)軽くてもいいはずだ、と思いこんでいる
  だけではないですか?

納得しない人: ・・・・・・・。 


ママ: 人は「体験」をするために、人間界に降りてくるのでは
  ないですか?

  疫病で大切な人を亡くし、悲しみを体験したり、
  命の尊さを学んだり、

  そのことによって、

  疫病を治したいと、医者の道を目指す人、

  あるいは、二度と同じ悲劇が起きないようにと、
  薬を開発しようとする人、予防策を考える人、

  いろんな学びがあって、

  未来に繋がっていくこともあるのではないでしょうか?

  (単にかわいそうだからと疫病を)軽くしては、学べないことも
  あるのでは?

  大事なのは、人間の経験を「軽く」することではなく、
  見守ることではないですか?


納得しない人:  ・・・・・・・(沈黙)

  私は、みんなが幸せになるように、世界を底上げしたかった・・・。

  底上げすれば、人々は苦しみから逃れ、幸せになると
  思い込んでいた。

  だから、苦しみは軽い方がいいと。
  疫病も軽くすべきだと。

ママ: 底上げは、(あなたがひとりで)世界を変えなくても
  できると思います。

  ひとりひとりが人生を楽しみ、自分らしく生きることで、
  自然と底が上がることもある。

  家族も然り。

  母親が、世界を変えることばかりををうつうつと考えて、
  暗い顔をして家にいるよりも、

  太陽のように笑い、家の中がいつも明るく、

  家族で食卓を囲み、喜びも悲しも家族の絆で共有し、
  1日1日を大切に過ごす。

  世界中の人々がそのように人生を楽しみ、日々を明るい
  気持ちで過ごせば、その波動が伝播し、底が上がるのでは?

納得しない人:  (号泣する)

後日、Bさんはこのときの対話について、
「壮大なすべてを含んだイメージで受け取った感じがした」と
言っていた。

Bさんが納得したところで、この過去世のときのエネルギーを
全て集め、一括消去した。

Bさんいわく、
「凄い人数が光のお皿に円盤状に座っていた」のだそう。

みんな光に帰っていった。




聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら





PageTop