聖なる樹のヒプノセラピー物語      

堕天使の救済(17)

「堕天使の救済」も「世界の底上げ」も、今年になってから
解放が急増しているけど、

ママ: 堕天使は1回解放したぐらいでは済まなくて、何度も
  出てきたりするのよね~。   


前述のS代さんなんて、講座に来るたびに「堕天使の過去世」が
出てくると言っても過言ではないくらい・・・。

あるときは肩が痛いと言うので、生徒のミエさんがリーディングしたら、
磔(はりつけ)用の杭を肩に背負い、丘の上へ向かって歩いて
行く過去世が出てきた。

この杭は、自身がこれから磔にされるためのもの。

ママ: キリストを裏切ったユダみたいな立場だったみたい。

私: じゃあ、あの日本での磔のときに同時に見えたのは
  このときの光景だったんだね?

ママ: たぶん。


ミエさんに引き続き解放をしてもらおうと思ったら、
「もうそろそろ自分でやった方がいいみたいですよ」って。

2月からみんなでかなりの過去世解放をやってきたので、
もう自分でやる時期に来てるのかな・・・・

ママ: でも、結局、自分ではできなかったの。

罪悪感が強すぎて、見ることすらできないようだった。


ママ: 翌日に面白いことがあったの!


S代さんが「頭が痛い」って言いだして・・・。

以前から、たびたび、頭を締め付けられるような痛みがあるの
だという。


ママ: 頭に輪っかのようなものをはめられてるのが見えて。
   ほら、孫悟空の頭にあるような、ああいうの。

  S代さんの(過去世)の場合は、罪を犯した罰としてその
  輪っかを付けられたみたいなの。

この時点ではまだ「過去世リーディング」を教えていなかった
ので、自分でやった方がいいと言われてもできないし、

かといって、この頭痛がずっと続くのもかわいそうだしなあ・・
って思った瞬間、

この日の講座にきていた生徒Pさんに目が留まった。

「ねえ、輪っかを外してあげて?」

五次元マサコが唐突にそう言った。

Pさん: え? どうやって?

五次元マサコ: 手で外せばいい。


PさんがS代さんのそばへ行き、そっと頭から輪っかを外す
しぐさをした。

ママ: やってるPさんは半信半疑って顔をしてたけど、
  S代さんは、「あっ! 外れた! 軽くなった!」って。(笑)

そしたら、Pさんが、
「首の後ろにボルトが刺さってる・・・・」って。

で、そのボルトも外してくれた。

私: 外れたの?

ママ: うん。

S代さんは、
「すごい、すごい! 軽くなった!」って大喜びだった。

Pさんは
「本当にこんなことで外れるの?」って驚いていた。


そして、この後・・・。


ママが、「私も最近、後頭部が痛いんだけど、何か見える?」って
聞いたら、

Pさんが目を丸くして、
「うわ~! マサコさんも首の後ろにクギが刺さってる~!」って。

「私も磔にあったことがあるのかな? 笑」

もちろん、Pさんに抜いてもらった。




聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら


PageTop