聖なる樹のヒプノセラピー物語      

堕天使の救済(18)


ママ: S代さん絡みでは、もっとすごいことがあったの。


それは、3月半ばに「点描曼荼羅講座」をやったときのこと。

生徒のKさん、S代さんが参加していた。

講座中、Kさんのガイドから突然こんなメッセージが降ってきた。
「もう我慢しなくていいよ」

ママはそれをKさんに伝えたんだけど・・・。


ママ: そのあと、すっかり忘れてたの。 (笑)

そしたら、講座が終わるころに、Kさんが、
「さっきのメッセージがすごく気になる!」って。

ママ: そお? じゃあ、見に行こうか?


過去世リーディングをしてみると・・・。

ヨーロッパの古い時代だろうか。

大きなお屋敷で働く女中のKさんが出てきた。

田舎から出てきて住み込みで働いている。

お屋敷の主人も奥様も、それはそれは口うるさく厳しい人で、
使用人はみんな1年と持たず辞めていく中、

Kさんだけはもう10年近く勤めている。


Kさんは「上」の世界から降りてきたばかりで、まだ人間界での
経験が浅いらしく、

「自分は人間としていろんな経験をするために降りてきたの
だから、(こういうつらい経験も)我慢しなくてはいけない」と
思いこんでいるようだった。



ママは、
「そっか、もう我慢しなくていい、ってこのことだったのか。
これを書きかえればいいんだな」って思った。


でも・・・。

何かが変・・・・。


あれ?


お屋敷をぐるりと取り囲むかのように、暗い森がある。

ママ: 森の真ん中にぽつんとお屋敷があって、
  しかも、その森が真っ暗で不気味・・・。
  異様な雰囲気なの。


わ・わ・わ~!

森の中に、おびただしい数のギョロギョロと光る眼・・・・。

yjimage9FTKZ9UT.jpg 

黒い影がうごめいている。

ママは最初、森に住む獣なのかな?と思った。
オオカミとかコヨーテ?って。


ママ: でも、違ってた。 動物じゃないの。

  なんか、実体がないっていうか、影だけみたいな感じで、
  まるでゾンビみたいな、得体の知れない生き物・・・・。


ああ・・・!

正体がわかった!






聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら



PageTop