聖なる樹のヒプノセラピー物語      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

堕天使の救済(24)

「でもってね」って、ママは続けた。


ママ: 今回の浄化で一番驚いたことはね、Kさんの過去世
  自体、なかったってことなの。

私: え~っ? どういうこと?

ママ: 過去世はダミーだったの。


そもそも、屋敷もない。

Kさんを解放すべき過去世も存在しない。

ママに、Kさん向けのメッセージ、
「もう我慢しなくていいのに」を送り、

それに関わるダミーの過去世を見せることで、
今回の「ひずみでできた異空間」を解放させたのだった。


私: へええ・・・!


ママは、「こんなこともあるんだね~」って面白がってたけど。


ママ: ちょうどいいタイミングだから、S代さんを誘導して
  ガイドに聞いてもらったの。

  なんで最近、こんな風に「解放」のスピードが早まってるの?って。


その答えは・・・。


S代: 空間の密度が濃くなってるから。

  密度が濃くなると、粒子の回転数が上がる。

 それが3次元的な時間とも関係して、人間の精神とか
  肉体とかにも影響してる。

  たとえば潜在意識の中に溜まっていたり、押し込めていた
  エネルギーの解放が自動的に行われている。


ママ: じゃあ、スピをやっていない人にもそれが起こる?

S代: そう。人間にも社会にも、全てに自動的に起きる。

  スピをやっている、やっていないにかかわらず、
  人はそれぞれ自分の振動数に合った現実へ行く。

  現実は幾重にも重なりあっていて、振動数の遅い人には
  振動数の速い世界は見えないだけで、実際はパラレルに
  なってる。

  だから、みんな「それぞれの場所」に「在る」ことになる。


(う~ん、そっか・・・・)

ママは多面鏡を思い浮かべた。

自分が複数の鏡の世界に存在していて、
どの自分に「フォーカス」しているか、
つまりどの世界にシフトしているか、

そして、その「フォーカス」している世界こそが、
自分にとっての「現実」なのかもしれない。


ママ: ってことは、自分の「想い」次第で、自分の住む世界は
   いっくらでも変わるってことだよね?


  目の前の事象を、「嫌だなあ」と捉えるか、
  「ま、いっか!」と捉えるか、

  たったそれだけのことで現実は変わることになる。


  
ママ: 実は、「解放」の原理はこれみたいなの。

  よく「解放」して、「変わった!」っていうけど、
  解放することで、いままで気にしていたことを気にしなく
  なれば、当然、自分の「フォーカス」する世界は変わる
  わけだからさ。


私: 「気にしていた振動数」の世界から
   「気にしない振動数」の世界へシフトするわけだね?

ママ: 原理はすごくシンプルだよね。

  後は、「どうやって気にしなくするか」だけ。
  そのためにミラクルセラピーをやってるんだけどさ。(笑)

  それにしても、私たちって、面白い時代に生きてるよね!

  なんか、ワクワクしてきた! (笑)




聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら




PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。