聖なる樹のヒプノセラピー物語      

堕天使の救済(33)

それが証拠に、2週間後、また大きな解放がやってきた。


講座中にK氏が、

「メンタルブロックをひとつひとつ自分で解放していると、変な
方へ行ってしまうから、最近はなるべくエネルギーワーク(セ
ルフのアクセス・バーズとか)を使って解放している」と言った。

私: 変な方って?

ママ: たぶん、具体的に見ようとすると、闇に引っ張られそうに
  なるんじゃないかな。


K氏は、まだ完全には自分のことを思い出していない。

自分が何者なのか認識できていないので、その状態で
内観しようとすると、得体のしれない世界へ意識がもぐって
いくような気がするのだろう。


同席している生徒のミエさんに、
「変な方向へ行きそうっていうのを、外してくれる?」
とお願いする。


ママ: 会話の中で自分が言ったことを解放するのは、
  手っ取り早い方法なの。

  たとえば、みんなで食事に行って、なかなかメニューを
  決められない人がいたとするでしょ?

  「私、いつも決めるのが遅くて・・・・」と言おうものなら、
  すかさず、「それ、外そうよ!」とか。(笑)


自分の口から出る言葉は、
潜在意識にその思考が「在る」ってことだから、
それを解放すればいいのである。


ミエさんが、ブロックの原因を見てくれた。

「なんか、K氏がせっせと地面を掘りながら、周囲を見回して、
なんでこんなに暗いんだろう?って言ってる」

「穴の中にいて掘ってるからなんだけど、
そのことに気づいてないみたい」


解放のイメージは、
「ふと上を見上ると、空が見えて、
『あ! こんなに明るいんだ!』って」

で、これを書き換えて終わりのはずなのに、

突然、ママは、
「その穴を埋める必要がありそう!
Kさん、埋めるイメージをしてみて?」って言った。

私: 五次元マサコの登場だね。(笑)


なぜか、ミエさんが、
「じゃあ、みんなでやりましょう!」と提案した。

ママは、(え~っ?)って思ったけど、しぶしぶ同意した。


ミエさんもたぶん「上」に言わされたのだと思う。

この後の展開からすると、そうとしか思えなかった。






聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら



PageTop