聖なる樹のヒプノセラピー物語      

龍王国の復活(4)

この3本指のリーディングの前に・・・。


モトちゃんが、最近、肩甲骨が痛む、と言ったので、

ママが誘導してあげた。


ママ: 子供の時の、「のぼり棒から落ちた」出来事を見た後にね。

  ⇒ 
蛇と龍と虹は同じ(4)

  ⇒ 蛇と龍と虹は同じ(5)




私: ああ、えっと、順番から言うと、

  のぼり棒の出来事
  ↓
  肩甲骨のリーディング
  ↓
  3本指のリーディング、だね?


ママ: そう、そう。順不同ですみません!


ママ: で、肩甲骨のリーディングのときにね、

  たくさんのドラゴンが出てきたの。

  ドラゴンは小さくて、ある程度の大きさになると、「龍」になるんだって。

  龍は羽がなくても飛べる、って。


モトちゃんはやっぱり、「龍」だった。


地球を守らなきゃ! 私が行く!って、自ら手を挙げたのだ。

地球の植物たちを、

大地を守るきっかけを自分がつくるんだ、って。


私: 龍と、肩甲骨の痛みは関係があったの?


ママ: 何で痛いの?って聞いたら、

  肩甲骨から虹色の炎が出てる、って。

  それは「宇宙が苦しんでる」からだって。


ガイドは、「今はなす術がないけれど、ときがくれば治る」と言った。


そして、

「痛みを感じるときは、原点に帰りなさい」って。


自分が「龍」であったこと、

大地を守る役目があること、

月の光や宇宙の光、

農業のことなどを。


「あなたが思い出せないことを、マサコを通じて伝えもらう必要が
あった」


私: だから、ママと出会ったんだね。


ママ: Y子さんとは? 再会して一緒に仕事をするって決めていた?

  ⇒ 
「ミラクルセラピー(7)」


  ⇒ 「ミラクルセラピー(8)」


 (注: このときのSさんが、モトちゃんです)


ガイド: もちろんです!

  マサコやY子さんや、周りの人たちから、

  必要な知恵や言葉や、アドバイスをもらうようになっている。


このリーディングから半年後に、思わぬ形でY子さんが再び登場する

んだけど、その話はまた後日・・・。(笑)


私: でも、ママ、水がきれいになるのが70年後って、けっこう先だね。

  それまでに何か打つ手はないのかな?


ママ: それ、それ!

  浄水器は?って聞いてみたんだけど、浄水器によるみたいだし、

  沸騰させるのは、ただ沸騰させるだけじゃだめだって。

  炭を入れるのも、その炭の造り方による、って言うし・・・。


  じゃあ、何かないの?って聞いたら、

  「石」を水の中に入れる、って。

  青い石か黒い石。

  でも、それがどこにある石なのかはわからなかった。


後日、ママは生徒さんたちと「なぞけん」でも聞いてみた。


今のママたちがやれることを。


ママ: そしたらね、「光」を入れる、って言われた。

  水に光が入るイメージをする。

  レイキをやってるとかは関係なく、これなら誰にでもできるよ、って。







 姉妹ブログ 『なぞけん通信』が始まりました~♪


 
セッションのお申し込みは、こちら! 

 ミラクルセラピー講座』 の受講生受付中! 詳細はこちら!

 姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 もよろしく ♪

  たった1日で心の解放が習得できる! 
『心のデトックス 1dayクラス』 



 

PageTop